数年前、主人が転勤になっ立ために

片付け業者で引越し安く済ますポイント

引越しの片付けを業者で安く済ますポイントについて。入学・就職・転勤・単身赴任・結婚・離婚後の引越し手続きやかかる費用は?

TOP PAGE >数年前、主人が転勤になっ立ために

□数年前、主人が転勤になっ立ために

数年前、主人が転勤になっ立ために引越すことになりました。旦那と私はそれぞれ実家住まいで、引越ししたことがないのです。

経験はないけれど最低限の価格に抑えたいと自ら梱包しました。


段ボールとガムテープについては、引越し業者が用意してくれたのですが、他に必要なものは、新聞紙でした。

壊れ物を包むためと、緩衝材として使って便利なものでした。
先日、週末を使って引っ越しました。
引っ越し作業がすべて終わり、夕方になって部屋の明かりをつけて「これからここで生活するんだ」とジワジワきました。
そんなこともあって、その日の夕食はちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしておきに入りのワインで引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。

期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。快適で安全な住環境を構成しているのは家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。良好なご近所関係も住環境の一部です。

その第一歩として、引っ越しの時の挨拶は早く終わらせておいた方がいいかもしれません。おみやげを用意した上で訪ねることが大切です。

長々と訪問する必要はありませんから良い印象が伝わるようにしましょう。第一印象を良くすることが肝心です。



さていよいよ引っ越しの段取りをたてないと、という時には業者選びも大切です。

数が多いので困ってしまいますが、「選ぶ基準がわからない」「どこがいいのか判断できない」と言う事でしたら世間によく知られている大手業者を選ぶのがやはり間ちがいがな指そうです。企業名で言うなら例えば、テレビCMなどでもおなじみのアリさんマーク引越社などです。こういった大手は、利用人数が桁ちがいです。



ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし安こころして引っ越しを任せることができるでしょう。



住み替えをする際、大型自動車を停止したり、荷物を廊下に置いたりするため、事前に隣近所の家に挨拶に行くのが常識です。車の出し入れや通行に差し障るので、事前に同意を得ておくとその後に問題が発生することも防げます。引越し業者に依頼した場合は、そうした事も代行してくれます。
先日、引越しを行ないました。

引越し専門の会社に頼みましたが、それにも関わらずやはり大変でした。苦労させられたことはというと、多種多様な手つづきです。
住む自治体が変われば、印鑑証明のために印鑑登録も行っておく必要がありました。


ほとんど必要になることはないのですが、とりあえず登録しておきました。



居住地を変えると、電話番号が現状のものとは変わることが例外ではありません。同一市区町村内の転居の場合でも、収容局が現状と変わると、使っていた電話番号が使用不可能になるでしょう。

電話番号変更のメッセージを流すことも可能ですが、新住所に付け加えて、新しい電話番号も必要なところにはお知らせしておいた方がいいです。

私も転出した際に車の免許の住所変更をしました。


交換しないと、更始の手つづきが滞り無くできません。
住民票を動かすのと同じように速やかに運転免許も変更しておいた方が後が楽です。忘れることなく、行っておいた方がいいかもしれません。

部屋を引っ越すにあたって、それまで住んでいた家が借家の場合には原状回復義務が発生します。



原状回復義務というのは、家を借りていた時に傷つけた箇所や壊れた物等を元の状態に戻す義務のことで、通常はその費用を敷金から差し引かれて、残った分の敷金が返ってくるというような形となるでしょう。
引越しは、自分でやる場合と業者に依頼する場合があります。



自分だけだと、そこまで荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。業者におねがいしたときにおどろいたことは、荷物を積むのに使う時間がかなり短いと言う事でした。



下準備だけでなく、二人で仕事をするとまるでちがうなと思いました。


引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、えっと思うようなことがありました。

実は、液晶テレビを運ぶのには特別な保険が必要だと言われたのです。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、明らかに購入価格が30万円以上のため、運ぶ為には保険の加入が必要と言われてしまいました。

業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかいまだによくわかりません。

引っ越し時に重要な点は、もろい物を丁寧に包むという点です。家電製品で箱があるならば、心配ご無用です。しかし、箱を捨ててしまったとしても多いのではと思います。

そんな場合は、引っ越し業者の人に荷作りして貰うと間ちがいないです。
普通は、引越しに追加料金を取られることはありません。

しかし、これは、業者からの、事前の見積もりがあった場合や自己申告を行った時の荷物の量が正しいケースです。引っ越し業者は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を割り出しています。
もし、大幅に上回ってしまう場合には、追加料金を取られるでしょう。

この町の会社に勤め初めた10年前に、このアパートへの引っ越しを決めました。最初の考えでは、3年くらいいたら実家の近くで仕事を見つけるつもりで、今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。



ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞める気がどんどんなくなっていき、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、これから住所変更しても悪くないかと思っています。引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、大型家具、家電などにはなるべく目に見えるような傷をのこしたりしないようにします。
新居にマッチするよう購入したおしゃれな家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して運びましょう。
新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなるでしょうが、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、イヤになってしまったかもしれません。





Copyright (C) 2014 片付け業者で引越し安く済ますポイント All Rights Reserved.
top